トレンド

非透過性納体袋の読み方は?新型コロナで志村けんに使われた袋

非透過性納体袋 読み方 新型コロナ 志村けん 使われた袋

非透過性納体袋の読み方は、
(ひとうかせいのうたいぶくろ)

新型コロナに感染すると、面会謝絶になり、
もしもそのまま亡くなってしまうと
納体袋に入れられ、顔も見られないそうです。

志村けんさんの兄、知之さんの
「顔を見られずに別れなくてはならなくて、つらい」

新型コロナの脅威や危険性を改めて
伝えてくれる重要なメッセージのように感じました。

非透過性納体袋の読み方は?

 

非透過性納体袋、感じが羅列して
難しそうに感じるけれども、
そのまま読んでもらえれば大丈夫。

非透過性納体袋の読み方は、
(ひとうかせいのうたおぶくろ)

実は、この納体袋は業界によって
呼び方が違うそうです。

一般的には、遺体収納袋と言われて、
刑事たちの間では実務上「極楽袋」
山岳救助隊の間では「オロク袋」
葬儀屋さんの間では「納体袋」
呼ばれているそうです。

他にもボディバックとも呼ばれています。

どんなときに非透過性納体袋は使うのか?

 

どんなときに非透過性納体袋を使用するのか?

ガイドラインには次のように書かれていました。

1.一類感染症、二類感染症、三類感染症又は新型インフルエンザ等感染症の病原体に汚染された遺体。

2.血液・体液・排泄物等による接触感染リスク暴露の防止。

3.屋内や野外の遺体の一時期的な安置。

4.又、その後の腐敗臭の防止。

5.損傷のある遺体や腐乱したご遺体におけるプライバシー保護など。

志村けんのように、新型コロナの場合は、
感染拡大を防ぐのが目的なんですね。

感染を防ぐためなのは分かりますが、
面会もできない、死に目にも会えないのは、
ホントに切ないですよね。

感染拡大しないように、
できることをしなければ、
改めて思いますね。

非透過性納体袋は感染拡大を防ぐのが目的

 

志村けんさんは新型コロナウイルスの陽性反応が出て入院

その後、症状が回復せずに亡くなってしまいました。

志村けんさんのお兄さんの知之さんの話によると、
入院中は感染拡大を防ぐためにお見舞いにも行けず

亡くなったあとは、非透過性納体袋に入れられ、
そのまま火葬場へ直行。

火葬後、実家に遺骨が届いたあとでお通夜を行うそうです。

「本当は盛大に送って上げたかったのに、こんなことになって悔しいです。コロナがこんなにはびころとは思わなかったので、本人も悔しいと思う」

と、知之さんの言葉がありました。

厚生労働省のガイドラインで非透過性納体袋の推奨は本当なのか?

 

厚生労働省はガイドラインで、以下のように答えています。

新型コロナウイルスに感染した人の遺体について、

「非透過性納体袋に収容、密封することが望ましい」とし、

葬祭業者に対して、遺族等の意向にも配慮しつつ、

「極力そのままで火葬するよう努めてください」としている。

 

まとめ

 

非透過性納体袋の読み方について調べてみました。

新型コロナウイルスに感染すると、
お見舞いもできない、

そして、亡くなってしまったら、
顔も見ることができない。

感染拡大を防ぐのが目的でも
いたたまれない想いにかられますね。

 

 

 

 

ABOUT ME
tetsu
知りたい!聞きたい!やってみたい!最新の気になる情報をキャッチするサイト!あなたの知りたい情報をここに集めています。